ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

2015-06-12から1日間の記事一覧

この世をば

この世をば 我がよとぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば この歌を見ると、清盛五十の宴を反射的に思い出してしまうのです。。駄目だ脳内がもう侵されている。 この世をば〈上〉 (新潮文庫) 作者:永井 路子 メディア: 文庫 お姉さま詮子さんとかいま…