ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

歴史

比企~修善寺そして畠山からのオンベレブンビンバ

正しく満足して選んだ死に到れるには強くあり選び続ける側であらねばならない… 治安の悪いイケパラ呼ばわりされてる 人殺ししまくるイケパラとは ほまきちゃんはいないがその夫は生き残るよ山本耕史 毎週毎週誰かが死んでいく大河ドラマである昨今いかがお過…

同志少女よ、敵を撃て

解釈の強い百合で良かったー!びっくりするんだが!?百合じゃん! 戦争モノとしてはそれこそ神の棘とか革命前夜とか、ベルリンは晴れているかなどのミステリーを予想していましたが、違った。百合じゃん。ていうかミステリーどこ??ラストのラストで…!む…

たぶんラストにもっかいタイトル回収しそうだよね

鎌倉殿「と」十三人ですね!確かに! 頼家も、そこに北条×2と比企×2が入ってるのはいいのか…新しい顔ぶれだからいいのか… ラスト「さ、仕事するか」の大江殿最高でしたな。 でも確かに御家人たちにとって一大事なのが「訴訟」であって、そこのメンツを軽視…

大河ドラマ館いってきました!

上総介様のお手紙みたくて…可愛かった あと和田殿のお手紙もかわいかったわ イラストつき しかしほんと、義経のところに帰ってきたってワードをいれるのはほんと!人の心がないからな!!ないちゃう 頼朝からしてみれば乳母が比企尼なので、自分の跡継ぎを比…

あなたはわたしの太陽(仏様)

八重退場回でしたけどそこに運慶ぶつけてくるあたり… 「ふと妻の顔を思い出してしまいました」ではない 地獄か まあそうだよね 八重さんの中では一貫性があるよね。やっと今回救えたから、それで満足しちゃったなら、今までの八重さん本当執念の聖母だよ(急…

おかえり義経!

いや…泣かせてくるやん 帰ってきたね 義経 あんな鬼畜オブ鬼畜なのに頼朝が最後に泣いちゃうからこっちも泣いちゃう そうだよあんな人間不信なときにお顔そっくり!って走ってきてくれた身内だよ 組!のときから三谷脚本に思う存分泣かされてる 上総介様のと…

足固めの儀式

源氏の神霊をこないだ読んだばっかりなので、、おお高田さんは頼朝のことを時政の傀儡にしか思ってないからな。安徳天皇が女性であったことで崩れていくことがある。 しかしもともと坂東武者はそもそも源氏ではなく平氏…というのが、確かに、平将門とかおっ…

亀の前事件

亀の前事件ってこんな頃にやってたの!?まだ全然平家おった頃だったのか。・阿波局 ほんとうにエマちゃんこういうのさせたらめっちゃうまいな そしてその相手が新納なのほんと笑 なんなのこのわけのわからんミュージカル夫婦・政子ちゃん お子がいる政子ち…

三河武士と刀剣

平岩親吉怖い…何この三河武士とも違う忠誠心。小姓たちほんと怖いメンツが怖い。っていうか家康怖いわ。 その怖い家康のおかめ♡あちゃ♡という書状を見せられるから今日も俺たちの竹千代ってなってしまうんだよなあ…これ、頼朝ちゃんと一緒だよね、彼もおかめ…

新政府わちゃわちゃ青天

先週までは「わかる…わかるぞ!!」って感じだったのに、大久保さんがわかりやすい記号としての悪役にされてからの私「しょんぼり」 せっかくるろ剣で大久保さんいい人感出されてたのにさ!(いつの時代のオタクだよ) 大久保さんってほんと、長州からしても…

麒麟がくる、お疲れ様でした。

あんなに一緒だったのに~夕暮れはもう違う色~ 私たちの現役時代(現役)にもFiction Junctionとかで梶浦由記絶好調だったのにそこからKalafinaを経ていままた炎でLiSA相手にやってるかと思うと、梶浦由記本当に化け物なんじゃないかと思う。 アニソンにと…

松永久秀ありがとう~麒麟がくる 

メタルマクベスですか!? 吉田鋼太郎が安定感があって私は好きです。一番最初に彼の芸術を知ったのがデスノートミュージカルだったので、そしてその帰り道に死ぬほどかっこよく帰ってたので…よっ、て手をあげて帰って行くんですよ!クソかっこよかった! ま…

さようなら、っていういだてん。

はーバトンタッチまで見ました。 しまちゃーん!!!増野さん!!!!シマちゃん何回見ても泣けるね。 3回もオリンピックに出たっていうことは結局日本男児にはいだてん以上の男は育たなかったんだよね。ここまで。世界と戦える人はいなかった。その事実が悲…

いだてん 関東大震災までみました。

シマちゃんが今までのすべてで生きてるのいいなー。彼女はたぶんいいところのお嬢さんで、だからこそ三島でのメイドもできたし、お嬢様学校の先生もしているレベルなので、彼女が三島弥彦から薫陶を受け金栗四三と出会い女子スポーツの先駆けとなり種をまい…

西郷どん!

西郷どんは基本的にどうしようもなく私が薩摩を理解できていないので見てませんが、その薩摩の中で唯一の推し小松帯刀をノボル間違えた町田啓太が演じるという点で結構ときめくものがあります。いやほんと…西郷にかしずくシーンさえなければ…ほんと待ってほ…

新生のリブラ

サンデーのwebにて。これ近代史の枠に入れちゃっていいのかなーまあるろ剣がそうならこれもそうなるね。近代史パロ。いや、たぶんこういうこと日本全国でたくさんあったし、るろ剣にもたくさん描いてあったことだからありだとは思うけどね。しかし主人公がえ…

真田丸 前夜

私保元の乱も前夜が一番好きだったし(清盛ね)、やっぱり前夜が好きだけど、すごい勢いで殺しにかかってましたね前夜。でもそれよりなによりきゅんきゅんしたよ!!!!!きりちゃん!!!!!!!ラストキスかよ…沼田でまんじゅう投げつけてた頃より本当に…

真田丸 再度大阪編

あれは14年間この時をまっていたのです、源次郎の好きにさせてやりたいのですこのお兄ちゃんよいね!14年たって何もできなかったからこそ、生きていきたい真田の源次郎のことよくわかってる!!本人まだわかってないけど!お兄ちゃんも立派な戦国武将だ。そ…

神の棘

完全に善である生命体など存在しない。完璧に傷のないものはない。受け入れることが出来ず排除した結果、最終的にはなにもなくなる。アルベルトがイルゼがいなくなったときに排除される側にまわったように。あのあたりが、あーってなる。あと、障害者をシャ…

真田丸 味方

いざ大阪へ。まあ確かに大阪で散りたいよね。14年も欝々としていてこれからも同じ人生よりは。そして14年もたっていれば地域の民とのつながりもできますよね。久しぶりの大阪っていうお兄ちゃんが「よく通ったものだった」って青春の他人事感出してる。でも…

真田丸 幸村

小林さんの不幸体質がいかんなく発揮されている描写であった。「さらに、ですか」の顔やばい。笑える。 確かに徳川としては豊臣を家臣にできるとしたら、その器で収まってくれるとしたら、よかったのに、ってことだったと思うけど。状況はそれを許さなかった…

しまなみ海道

しまなみ海道は車で行ったほうが確実です。福山がなんと!新幹線が通る駅ということで、ここで車を借りて一気にしまなみ海道へ。ねえ休日なのになんでこんなにしまなみ海道車少ないの…。確かに瀬戸大橋の中で一番どーでもいいと言われる理由がわからんでもな…

海軍基地呉

戦艦やまとって私実際は簡単に沈没した船なのになんであんなに人気あるんだろうなあとか思ってたんでしたよ、まったくもって申し訳ありませんでした!!!呉から降りてすぐっていうか、まじ注意、呉という場所は本当に何も、ないこれ割と本気でびっくりする…

真田丸 歳月

完全にジャンプのハーレムモノだったけど、春ちゃんの目付きが完全に殺人者のそれで笑った。目付きwwwたかちゃんが抱きついた時の目付きwwwwそして振りかぶる火箸!だいたい源次郎もなんだかんだ春ちゃんに弁解しているうちに「あいつには」とか、そ…

真田丸 昌幸

・きりちゃんもだけど内記さんのたくましさ半端無い。 ・役に立つきりちゃん、役に立たない春ちゃん… ・何故かきりちゃんがくっついてくる件について ・たくましさすごい 縛られたりとか言い出す武家の娘 ・「ぼーっとするとたのしい」完全にニートの発言 ・…

碧のかたみ

ラバウルの戦闘機、じゃなかった、乗組員たちの話し。そりゃあ戦の最初にそこまでおとしたらおかしくもなるよ、太平洋を支配しようと思っても不思議はない。相当遠いもんラバウル。そこにある零戦。零戦はどう考えても落とされやすいこと山の如しですが、そ…

駆引 真田丸

お父さんを見直す兄さん本当に穢れを知らない天使状態だし、弟さんは「お父さん汚い><」ってなってるからもうなんだこの親子かわいい。 策とは何かをまだ知らんようじゃって平八disるのやめてください。彼それ以外に知らないんだから。 そもそも顔が好かん…

函館新選組めぐり③

五稜郭 割と土方さん推しで私が頭おかしいのかと思った。いや…びっくりするよね。土方さん推しの時にこっちにきたときは土方さんたくさんいて嬉しいくらいの感想でしたけど、いざ榎本さんだの大鳥さんだの求めていくときょとん顔さらす羽目になる。蝦夷新政…

函館新選組めぐり②

青柳町まで路電に乗っていく。 ここをいきつくと、「キッチン」撮影場所になるらしい。そうかあれ函館で撮影してたのか。 キッチンどう考えても函館の話じゃなくて東京だろと思ってましたけどこれはこれでいいのか?市電がいるような話には思えなかったが、…

函館新選組めぐり①

中二病から脱却して初めての土方めぐりですね! 土方啄木浪漫館 3番乗り場から⑥のバスに乗って啄木小公園まで。まず入口で一本木関門のレプリカがあるあたりで割とこういうテンションのところか…と。いやなんかすごかったよ…中二病のお姉さま方は是非いくべ…