歴史

真田丸 信之

本編もすごかったけど、予告のせいで全てが吹っ飛んだ。なんでだ。なんで父上のうきうき九度山ライフを見せてくれないんだ。数少ない穏やかな時期だろ信繁にとってさ。あの父上がなんだかんだ楽しんでいる姿をみせてくれ。あんな、御屋形様を求めている姿じ…

真田丸 勝負

だから三谷さんに戦闘シーンかくのは向いてないんだってばよっていう感じでしたね。とか思っちゃったけど、もしかして第二次上田合戦ってこういうのだったの?第一次よりもさらに徳川方を翻弄して終わっただけだったの?今回は戦というか戦術の天才としての…

真田丸 犬伏

■最初は徳川にくみすると見せかけて上杉に味方します!「裏切るのではない、表返るのだ」ぱぱwwwwちょっと相変わらず何言ってるかわからないけど名言ですねwwww普通に今まで散々真田に振り回されてきた徳川さんなんて真田のことは絶対信用できないと…

真田丸 挙兵

直江状が期待以上で私は嬉しい!!!!!!!!いや、途中まではきたきたきたって思ってたの。直江状の長さとか理想すぎるじゃない。なっげええええええとか思ってて、しかもそれを書いている直江さんとか真剣に書いているんだけど、たまにふっと上見て、「…

真田丸 動乱

来週!来週直江状出てくるよこれ!!!!いやっふー!!!!!!うちの上杉さんたちがどうして関ヶ原を起こすのか皆目見当つかなかったけどやっぱり義ですよね!おみっちゃんが義である限り上杉さんたちは揺るがない!!!これ以上苦しむ御館様を見たくない…

真田丸 ついに秀吉様がお亡くなりになるとな

完全に介護の達人と化した信繁。やばいわ。この愛やばい。基本的に老人は骨折すると一気にADLが落ちるし老けこむしボケるんだよ!覚えておいてください!基本です!!!最初の出会いをやり直すところ私のツボに入ってもう涙目でした。泣いた。白痴になった恋…

真田丸 受難

今の時期にこのドラマのこの秀次様見るの辛い。自分とシンクロしてしまって辛いと言うか物語として見れない。はーつらい。大きな背中抱きしめつぶやいた 私がいるよなのになぜ隣にあなたはいない 抱きしめたぬくもりはまだこの手の中に 君ノ記憶が秀次様過ぎ…

真田丸 恋路

お茶々様がやっぱり信長の血のつながった人であった。 私大河で大人の恋ってあんまり見たことなくって、利家とまつで、確かこれも似たような状況で、利家が市様に、「蛍のことは一夜の夢か?」みたいに聞かれるシーンがあったのよね。あれ滅茶苦茶エロかった…

駆引 真田丸

お父さんを見直す兄さん本当に穢れを知らない天使状態だし、弟さんは「お父さん汚い><」ってなってるからもうなんだこの親子かわいい。 策とは何かをまだ知らんようじゃって平八disるのやめてください。彼それ以外に知らないんだから。 そもそも顔が好かん…

函館新選組めぐり③

五稜郭 割と土方さん推しで私が頭おかしいのかと思った。いや…びっくりするよね。土方さん推しの時にこっちにきたときは土方さんたくさんいて嬉しいくらいの感想でしたけど、いざ榎本さんだの大鳥さんだの求めていくときょとん顔さらす羽目になる。蝦夷新政…

函館新選組めぐり②

青柳町まで路電に乗っていく。 ここをいきつくと、「キッチン」撮影場所になるらしい。そうかあれ函館で撮影してたのか。 キッチンどう考えても函館の話じゃなくて東京だろと思ってましたけどこれはこれでいいのか?市電がいるような話には思えなかったが、…

函館新選組めぐり①

中二病から脱却して初めての土方めぐりですね! 土方啄木浪漫館 3番乗り場から⑥のバスに乗って啄木小公園まで。まず入口で一本木関門のレプリカがあるあたりで割とこういうテンションのところか…と。いやなんかすごかったよ…中二病のお姉さま方は是非いくべ…

伊達市内観光

歩いて市街地なら十分回れます。 海もあって、山もあって、とても空気は澄んでいる。すぐ近くの室蘭とか苫小牧の影響はあまりないです。けむりもくもくとかないもん。伊達というのはもともと伊達成実さんのところの子孫が北海道に維新を機会に異動したってこ…

石川啄木という萌えキャラについて語ります。

函館文学館 ここから私の啄木萌えが始まった。函館ゆかりの作家さんが最初1階に並べてあったわけで、私これ読みたいなあって思いました。割と萌えるよね。作家さんってっていうか文豪ってほもの巣窟みたいなイメージあるじゃん私だけかな?ねえ私知らなかっ…

札幌近代史3

北海道開拓の村 割と札幌駅から遠いところにあるからもう行くのに苦労したこと! そして積雪時の通行止めって文字が重い。ごめんね黒田榎本さん!私たち軟弱な現代人には限界ってものがあるのよ! 管理棟がまず旧札幌停車場。とてもカラフルで開拓の村ぽくて…

札幌近代史2

サッポロファクトリー 色々ある遊び場のような場所ですが、そこにあるのが開拓使のビールの醸造所。くっそ寒かったのでビールはさすがに飲めず。歴史パネルが置いてあってなんか黒田に好意的らしいんでw北海道開拓はロシアへのけん制もあって国家予算の1/3…

花燃ゆ あさがきた

あさがきたの土方さんのシーンだけみたんだけど本当にもう萌える。こういう役似合うよね、そういう年になったんだねえ。ちゃき、ってやって「待たせたな!」いいねこれいいね本当に!!!待った待ったよお久しぶりです!もう何10年以上もたってるのまさか?…

るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 京都大火編 発売日: 2014/12/03 メディア: Prime Video 地上波ながしてくれたので一息に見ました。クソ面白かった。これ明治クラスタ歓喜するわ。私るろ剣好きだったけど、これ原作は強烈な明治政府に対するアンチテーゼなんだね。それを勝者で…

花燃ゆ 木戸さんの御着替えタイムが常に美しい

もはや木戸さんの洋装を見るためだけに見ていると言っても過言ではない。そういう方そこそこ多くて、安心しました。いや、別にドラマ普段見ないからよくわからないんだけど、ドラマ見てるよりはネット小説読みたい中二病なんで私。敏三郎さんが帰ってきまし…

高杉晋作の手紙

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, d.…

花燃ゆ 今のところひたすら木戸さんがかっこいい

もう高杉さんいなくなったから見なくてもいいかなって思ったけど、やっぱり木戸さんが頑張ってるうちは見ないとって思いました。しかしなんだかんだ高杉さんが回想されすぎていて(あの「新しい日本人を」のところですね)、そのシーンがあまりに切ないお顔…

波のかたみ

最初保元の乱で、乳母の話(池の禅尼)を読んで、そういえば大河はホモだったおかげであんまりそのあたりを描かなかったなあ、と。永井さんは乳母のあたりの主張が以前からすごくて、女だからかと思ってましたけど、この信西の話はたしかに朝子ちゃんがごっ…

頼朝挙兵

きっと何者にもなれないおまえたちに告げる。 以仁王の宣下はだいたいこういう趣旨のものであったと思うのですが、それは以仁王自身もそうだよなあと。 「私が帝とならば、皆々の考えをよう聞き、よき政を行おう」というものの具体性のなさはすごいよ。一見…

獅子の棲む国

獅子の棲む国 作者: 秋山香乃 出版社/メーカー: 文芸社 発売日: 2002/11 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (5件) を見る 山川がテンション高く入ってきた話。やべえ、この大蔵の万能感やべえ。なんかほんと長州における高杉晋…

以仁王の宣旨

ロミジュリキャストを見て吹いたのは私だけではないと信じたい。 ロミオ/ティボル・・・城田優 ロミオ・・・・・・・・・・古川雄大、柿澤勇人 ティボルト・・・・・・・加藤和樹 その他テニミュ俳優いるよ!っていうか柿澤君とゆんがダブルキャストって世の…

兎丸無念&はかなき歌

こんばんはー! 私もついに1月まるまる記事を書かなかったんだなあと感慨深いですね。まあそんなことにネット使ってたら落ちてたよテストに。 というわけでテスト解禁してまずたまってた清盛を着々と見ております。 いや…重盛だけは見てたんだけどね…(ダメ…

平清盛

ほぼ1年間追いかけてきた清盛が終わりました。 ここまで真剣に見た(=録画して見た)のは…新撰組…風林火山以来です。 なんでこんなに(切羽つまってまで)追いかけていたのかなと思うに、全体を流れる歴史に対する考えが、私好みだったからだと思い至りまし…

そこからの眺め

・重盛の話 ・どう見ても私怨です本当にありがとうございましたな治承3年 ・聖子ちゃんシーンはいつも幻想 試験の1個合格してたんでテンション高く録盛見たんですがうわあ。 重盛はね、早く死にたいなら死なせてあげた方がいいんじゃないかなって思ってまし…

明治第二世代の話をただ妄想

後藤新平の可愛らしさは異常。幼いころの後藤さんは本当に生意気そうで可愛らしいです。 彼の第3世代っぷりはまさに象徴とも言える気がします。 色んな意味で明治第二世代は洒落にならないので。いやしんぺーは第二世代と、世代としては同じなのかもしれんよ…

六波羅

・六波羅蜜寺半兵衛麩から六波羅蜜寺まではちょっと歩きますが、歩ける距離です!!(母が←ポイント)まあ清水五条からは割とすぐです。六波羅って本当に都の中心(内裏)からは離れてたんだなあ。清盛が六波羅にいたりした、平治の乱のあたりのことは周知で…