Dream Live 3rd 2

※キャスト関係者の方およびキャストのファンの方は大手検索サイト様に飛んでくださいませ。

 

キター!!!氷のエンペラー!てことでここからは氷帝のターン。

もう何回でも言わせて。かとべが美しすぎる

あの上から目線が最高。跡部っていうのは本誌では結構なイロモノキャラで、尚且つ雑魚だったはずなのにメス猫さんたちの多大な後押しを受けてここまでのキャラになった、いわば作者の手を離れて勝手に成長したキャラだと思うんです。あの手塚VS跡部の一騎打ちは最高でした。その後に何であんなに何回も出てきて、あまつさえ全国に行けちゃったのかっていうねww

でもそんな、CDやアニプリまで考えるともうなんだかよくわかんなくなる跡部を、きっちりやりきった和樹はすごいし、更にこのドリライ3であほべ的な跡部を、しかしあくまで跡部であるように、そして同人的満足まで満たすように跡部だった和樹は本当に跡部でした。(日本語…)

そしてその跡部の美しさ(色んな意味での美しさね)を行動、その目線一つ取っても取りこぼしなく示してくれた、そのことに本当に感謝しています。

 

…じゃない!こんな真面目は話じゃなくて!かとべの美しさについてよ!

正直今現在20年間生きてきて、見下されて心地よいと思ったのは初めてだ。このSで売る私が、まさかMの心地を味わおうとは!

 

最初前に出すぎた宍戸をにらむ跡部が本当にもう般若の顔をしてらっしゃいます。

俺様が、跡部景吾だ。と思いっきり(かっこつけて)自己紹介したかとべをどーん★と突き飛ばし(これできるのはもう彼しかいねえ)ジローがみんな元気ー?と。いやもうここでジローになにもいえない跡部を感じたよ!ていうかちょっと抱きついてるようにも見えた!

宍戸の後に「先輩、俺もいいですか」っていう鳳、ちょっと跡部じゃなくて確実に宍戸に聞いたよね?

がっくんのバク転の後のぴよの「…日吉です」もいいです。

無言で両手を振る(でも跡部の前に出ない)樺地には愛しさすら感じます。

 

そして跡部に怒られて、「すいませんでした」と超イヤミに言うひよ。謝らない宍戸。

無駄に顔近づけて「堪忍な、跡部と言う忍足。ここはたぶんあらゆる忍跡派に語り継がれたことでしょう。だってこの時の跡部の見下し目線が美しすぎる。見下ろされてるのに見下し目線てどういうこと。つーか近いわ!

そしてそれを見たジローがあーあ、というように後ろを見て頭の後ろで手を組むんです。ちょっとなにこの同人は。

負けず嫌い♪のハモリが完璧すぎて泣けます。

龍ちゃんがちょっと笑顔で歌うんです。私は龍ちゃんの笑顔が大好きです。大好きです。ああ、満足。この笑顔、あと見れるのは凱旋のときのSeasonかな。

イントロの部分や二人のハモリのおまえにだけは負けない 己にだけは負けないのあたりで跡部と忍足がにらみ合ってたり忍足が跡部を上から見下ろしてたり…。もう踊らされまくりです。

…まあこんな氷帝でもやっぱり盆踊りだったけど…。

いつか天使の羽が生えてのところでずーっとピヨが天使の羽っぽく両手を動かしてるんですよ。なんだこのかわいらしい生き物(笑)がっくんは下から上へと上がってるのでまだいいんですが、ピヨはずーっと同じ位置なわけです。…うおおい。

そして最後、ライトの消える寸前に、一番奥にいた忍足が突如として前進して、跡部に近寄ったかと思うと、いきなり跡部が忍足の肩に手を回し、抱きついてキスした…ように私には見えた!(もしかしたらあれは忍足から仕掛けたのか?)とにかく暗くて(ホントに寸前だった)よく見えないけれど…。。

 

先生の独舞。しっちゃかめっちゃかなトークでもするのかと思いきや、本気でした。うお。

青学も成長したわ。それぞれの想い♪いい歌詞だ。闘志ふちゅふちゅ!いや、ギンギンだ!!

油断せず行こう♪の城田は本当に上手いです。歌を聴いてこの和音いいわ~って思うの。

最初からずっと、青学メンバーのダンスのときは、柳に負担が掛からないような配置になっているようで(たぶん)、なんていうか、そんなおまえらが大好きだ。

 

勝つのは氷帝ちょっと私服ー!

なにこの工さんのエロさ!がっくんかわいい!腰付きがエロい!ラストの工の勝つんは氷帝に力入っていていい。

ハモリは、本編やってるときは本当に工もっとちゃんと支えてあげて!って思って。でもこのドリライでは、むしろるいるいを食うくらいにしっかりした低音をくれました。

決まりきったフレーズで二人が目を見合わせて歌って、それがまたカメラが工の顔が映るようになってるので、工がるいるいの顔を見てにやけるという大変にアレなものが見れました。(いやるいるいも笑ってると思うで?)

 

忍足→跡部が、この矢印がもうびんびんです!「なかなかきまってるやん」て。

岳人⇔忍足。でも仕掛けるのは岳人から!それですよそれ!しかも「めちゃめちゃかわいいで」って!cuteとcoolの差よ。そんな腐女子ホイホイな工さんに見事に踊らされてます。

「先輩、…めっっっちゃかっこいいです」鳳はもうそこにしか目がいってない。大丈夫かおまえら。宍戸さんは結構普通の服に見えるが、もうきっと鳳にはフィルターがかかってるに違いない。でも宍戸、「Thank you」て答えるデレっぷりはいいが鳳の服褒めたげて!そこはツンなんだね?

そして「褒めて褒めて♪」と主張するジローをスルーしてひよを褒める宍戸。いや、「激シブじゃねえか」って褒めてる?けなしてる?

いじけるジローに客席が一斉に「かわいいー!」うんうんかわいいよ!!「跡部、俺かわいい?」「かわいいー!(by観客)」「…まあかわいいんじゃねえの」…観客に押されたか跡部よwwそんなツンなところをジロちゃんはわかってるぜ!

そして主張のかわりに電話をかける樺地。褒められて照れる樺地。「樺地、歩けてないよ」ってそんな標準語でツッコミ入れる忍足!おいおい!

〆として自画自賛跡部。あああなたが一番ですよ!

その後に持ち台詞で前に出てくるんですが、鳳「こん!」と言ったあと、照れたようにむこうを向く。そして宍戸の「…どうした?」って目線。でもその後の「げこ」って言ったひよはもう崩壊。

 

そこで勝つのは青学 負けるの氷帝♪と青学メンバー登場。みんな私服。…しろたんダサいわ…。

「おい手塚ぁ! お前、相変わらず地味な服着てるな」

ドコが地味なんだ。お前は相変わらずド派手だな。それでほんとに中学生か?」「おまえに言われたかねえよ、おまえに」どっちもどっちだろうが。

 

その後の芸達者対決は笑い死ぬかと。やりたい放題だな!結構キャストも笑ってるしね!

「うちは何でも一番じゃなきゃ気がすまねえ連中ばかりだからな。芸達者がそろってるぜ?」と言った跡部がまず言い方がエロい。それからその後でうんうんと頷くがっくん、1番1番、って指立てるジロー、ちょたが左腕をぽんぽん(くっろーい!)、宍戸がムキ、って。対する青学も柳がやり返しております。さすが。

 

海堂と手塚の「電車男」とか。似すぎだろう、誰だよ最初に言い出したヤツ!満面の笑顔の手塚。おいおい!

芸が終わると無表情で無言な二人。跡部が、「手塚ぁ!…おまえ笑えるんじゃねーか」「当たり前だろ(手塚ヴォイスで)」…えーっと、なんか公式に(映画でもあったことだし)塚跡がはやってるんですか?

 

ちょたの長渕。Do your best! 長渕!やべえ上手い!つーかもうちょたっていつもこんな振りで気付いたら歌ってたけど、あれは長渕の物まねだったのか!(笑)

 

そうだ手塚と越前、テーマは深夜によくテレビでやっている、外国人の通信販売。

ああんダニエル」「(すげえ笑顔で)どうしたんだいキャサリン!」ちょっともうしろたんの頭のねじ誰か探してー!

こういうことを外人スマイルで平気で出来るしろたんとは違い、柳は終わったあと恥ずかしかったように顔を下に向けていました。「よくやったぞ越前」ホントだよ!

 

次に樺地のほたるこいは、なぜかキャスト陣が大爆笑。かとべまで噴出していたあたり「よくやった樺地!」が浮ついていました。

 

次、あれには笑ったなー…対決!

不二の、テーマは氷帝戦、ラリー中に音楽が足りなくなった宍戸www

「俺はこの3週間、長太郎の200キロ近いサーブを毎日のように食らってきたんだ! 止まって見えどらぁ!!!!!」(しかも噛んだwwww)

 

反抗宍戸、氷帝戦で音楽の足りなくなった河村。

「俺はこの試合絶対勝つ! だからみんな全国へ行ってくれ! 連続波動kyグレイトお――!!!」

 

甘い甘い、次、氷帝戦で歌の歌詞を忘れた日吉!

青学全員で演舞テニスをした挙句、

「♪下ー克ー上だぜー ♪ン~フ~フ~」

ハミングかよッ!!!ぴよがふーっと後ろに倒れてましたwww支える樺地。と忍足。

 

それを言うんだったらこっちだってやってやるぜ。色々と大変だった大石wwwwww

速攻で「なんのことだ!」とずっきーが反応。心の傷は深いなw

そして大石の耳を塞いであげる手塚。

挙句かとべに始まる泣き声で千秋楽のズッキーの真似。一番ノリノリなかとべ。あ、ずっきー倒れたw

 

でもその「痛みわけ」ってのはホントです。おまえら傷の昇華法が容赦ないな!

 

そしてダンス対決。氷帝はがっくん&ジロちゃん。本格派だ。青学はばっちとあだーちん。

これなら見比べるとかなんとか言ってTakuyaとばっち並べて欲しかったぜ。

 

「うちの勝ちだ」と顔をずいずい近づけていく手塚と跡部。おまえら練習中に絶対1回はキスしただろ!

「近い近い」「近いっすよ部長」「近いわ」

結構マジに止めてないか忍足。

 

いつのかは知らないけれど、(たぶんバクステ)手塚の「油断せずいこう」というのと、かとべの「(ニャンちゅう声で)俺様の美技に酔いな!」も笑い死ぬかと思いました。

 

そこでそれぞれの監督が止めに入りましたが。

「それでもうちの勝ちだ」といい逃げする手塚なんて私は知らないっ!(笑)

そして榊監督に「あ、やべやべやべ」と結構本気でびびってるジロちゃん。「声高いな」と相変わらずとっさのツッコミは標準語な忍足