Basel到着

フランクフルト国際空港に到着し、1時間くらいかけて空港の外に出られます。本当に日本人のパスポートってスルーに等しいなあ。
入国ロビーにチケット販売店があり、ライオンキングやダンスオブヴァンパイアの飾りがあって、少し懐かしく思ったり。
長距離のDBに行きつくには距離がある、と書いてありましたが、結局1階上がった出国手続きのところにあるiのお姉さんに聞いてたどり着きました。エスカレータで2階分ほど下りれば「long distance train」の表示を見つけることができます。(でも一回外に出たのはなんだったんだろうか…。空港から直接つながってるんじゃなかったのかしら?)

とりあえず旅の始めの駅名を撮ります。これだけは消去できませんでした。
初めてのDB。一応乗るべき電車はHPで調べてありましたが、ここで感動したのはDBの親切さ。出発するあらゆる電車について、行き先や列車の停車位置まで全て表記されています!なんてわかりやすいんだろう。
列車の中にも行き先が電光で表示されていて、さらに停まる駅・時間・乗り換え電車についてまで書いてある簡単なパンフレットが置いてありました。完璧すぎる。
ものすごく安心した私は、パスのチェックが終わるとすぐにバーゼルまで3時間ほど寝てしまいました…。

Baselはスイス、ドイツ、フランスの3つの国の境目のようで、Basel SBBの前にドイツ側の駅もあります。そこでパスポートのチェックがあるのかな、と思っていたのですが、スルー。えっ、スイスってEUじゃないのにそれでいいの?

さて、バーゼルに到着したもののやっぱり眠たくて、いつ迎えの子が来るのかもわからなくて面倒なため、駅のtaxiを使ってホテルへ。17.5CHFくらいかかった(※私はボられても気づかない&気にしない人種です)。駅で拾うのに一瞬の躊躇はあったものの、雨降ってる&21時に近い中でホテルを探せる勇気はなかったのでした。黒人さんでしたけど、ホテルのバウチャーに書いてある住所を見たらちゃんとわかってくれました。(言葉?なにそれおいしいの?)
駅にはiがあると聞いていて、おおヨーロッパ楽!と思ったけど、少なくともここには人はいなかった…。京都みたいなインフォメーションを期待した私が悪かった。

Hotel RochatのFamily Room。田舎の木々の感じがします。 57.5CHF/人(今回は4人で使いました)です。
まずエレベーターに面食らいました。扉は自分で開けるのね(シンドラー社wwやたらスイスにはシンドラー社が多かった)。受付の優しげなおっちゃんの言うことが半分も理解出来なくて、しかして我ながらエスパーで大事なところはわかったらしく、無事部屋にたどり着きました。
スイスだから大丈夫かと思っていましたが、シャンプーもリンスもボディーソープも一緒のものがぽんと置いてあるだけ。日本のビジネスホテルから来るとちょっとびっくりします。いくら安くてもアメニティはしっかりしてるから(逆にそれがすごいんだな)。いい匂いだけどたぶん質は悪いらしく、洗った後髪の毛がちょっとごわごわになりました。(最終的にはそれは硬水のせいじゃないかって思いましたが)
鍵もよくわからなくて、かけた!と思ってもかかっていない罠。すべては慣れです。
4人で予約したはずが3人分しか用意されてなくて、後から合流した子たちがフロントに連絡して手配していました。フロントはあのおっちゃん一人しかいないので、受付時間が終わったら色々してくれたみたいです。

で、そんな中私は雨がザーザー降る中、電車から合わせて12時間くらい転寝していました。(時差ボケは寝れば治るんだ!)

ここでぴろがすごく真面目にホテルをビデオに撮影していたから面白かった。だってあいつ、バスルームまで「ここがバスルームです」とか言って撮ってるんだぜ…?
それでバスを一番に使ったらシャワーの使い方がわからんくって蛇口で髪の毛洗ったとか。
結局ダブルベッドは2人で使ったけど夜中ぴろに蹴られたとか。
そういや4人で使った時最後にお風呂入ったのってこの1回だけかも。寝てたしな。