ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見たのでしばらくこのタイトルで

和樹アンリは根本のところはそこまで変化なかったよねっていう話

和樹アンリは当初よりも狂気寄りにはなったけど根本のところはそこまでおかわりなしではなかったろうか?

特にあきかず。あきかずは初演のときは相手を太陽だと心から思っていてそれは研究という点でそうだったのはすごい伝わったし、それは少なからずあっきーと和樹の圧倒的な歌唱力問題があって(ごめんかずき)だからこそのそうだねそりゃあこんなところであっきーが出てきたらこうなるよ!ってのがわかったんだけど、そのあたりは今回再演になってもそこまでお変わりなしだった。
和樹だいぶ、本当にうまくなったんだけど、つまりあっきーと結構対等には見えたんだけど、それでも和樹の中でのあっきーに対する尊敬の念がアンリとビクターとうまくシンクロしていたように見えました。
つまり私の目には和樹がそこまで狂気のひとではなかったみんなが言うほど、、、
和樹アンリはビクターを神様にしたかったんだよ。二人でじゃなくて、要は共同研究者として、ビクターの研究を成功させたかったんだ。そりゃわかるよね、え、世の中の論文書いてる人たちならなんでそんなこと言うのかわかるでしょ?共同研究者だよ?
だからこそ自分の首をあげれば(新鮮な首さえあれば)ビクターの研究が成功することができる、って研究につまった研究者なら飛びつくよね?研究者に倫理があるかよこの時点でさあ?そしてビクターはそれがどれだけ罪深いと思っててもやるんだよ、だって研究者だもん。
でもビクターはアンリに友情を感じてしまったからそこはすっごい悲しいんだよね。そこは並列するよねわかるよ。
逆にアンリはビクターは太陽で、自分がすすめなかった道の先をみている光だから、うまく噛み合ったよね。
だからあきかずはああなるよねってなるしものすごい納得しかないあきかずビクアンであった。


そして問題のモンペを増産したかきかず。いやほんと、マチソワでぺっしゃぺしゃにつぶれて泣き崩れているビクターを一顧だにしないアンリみたらそうなるよねえ最期アンリって泣くあかちゃん降臨したもんねかきビクター。あきビクターは二人でただ一つの未来を改めて誓いあって最終的に神に勝ってたからな。そりゃあモンペになるよね皆様。
かきかずは自分の狂気で従わせる和樹アンリだったけど初演は確か少年ジャンプって言われてたもんな。さわやか熱血だったけど、再演がこうなったのは和樹のせいだけじゃないよ柿澤の子犬っぷりが問題だった。単なる人間だった柿澤だからこそのアンリはああなってしまったのさ。和樹はもともと頭おかしいから柿澤がそのリミッターを外してしまったけど柿澤は人間だったのさー!(あっきーは神なので二人で神になりました おしまい)
でもあきかずとかきかずでアンリとしてはそこまで変わりはないようにくどいけど思っているので、あの柿澤ビクターにあの和樹アンリをぶつけたらそうなるよねえつまりすべてはかきビクターの人間としての未熟さと冷徹になり切れてないところが原因と思う!(和樹の女)
だから孤独にするために怪物がまわりを殺しまくったのはかきかずなんだよなあ。


あきかずはもともと孤独なので死んでからむしろ自分は孤独ではなかったとわかるタイプなので、、まわりの人を殺しまくったのはビクターに怪物という自分の存在を認めてほしい的な感情かなあって思います。あかちゃんみが増す。そして二人だけの楽園へ行こう。(カトリーヌどうした)

そもそも加藤和樹の怪物とアンリの関係って、ミラージュにおける換生なのか、まるマにおける大賢者なのか知りたい。
私は換生だと思っているんだけど、アンリがちらちら出てくるのはパートナー(小花美穂)の、最後に萌と賢が出てくるあんな感じ…なんだよね。だとすると普段はやっぱり奥底から見守ってるのかな?
和樹アンリはもともとは取り繕うことのできる、それこそ親がいなくてまわりとうまくやれることで生きてきた子供だから、ビクターの顔色をうかがうことでもいけたんだけど、君は僕の太陽ってキャラだけじゃなくて研究に従事したほうに見えたんだよなあ。ビクターが好きだから研究を手伝ってるってだけじゃない、自分も研究者でまだ迷ってるけど、すごい人ビクターがやっぱり人間としても好きだから手伝ってあげた、んだ、という。
アンリはあくまで最初は平和主義者だと思ってるからずいぶんまっとうに育ってると思うよ。まわりと合わせて生きてきて、平和に生きることが望みだった少年だけど、そこまでひっどいことはされてない、うっすーい関係しか築くことはなかったのかなって。
怪物ちゃんとなってからも結局ベースがアンリなので、人に対しての憎しみを強く持てないし、平和主義なので殺せない。和樹アンリは陽キャなので怪物ちゃんの発散は普段そこまででもなくても見守ってるけど、ラストのラストでは出てくる、あくまでベース、というか…怪物0アンリ100かアンリ0怪物100かみたいな話ではなく時々30-70にもなるよくらいな。
アンリは人はみな孤独とか、どうせ死ぬとか、そういうポジティブなペシミストなところがある。
ていうか圧倒的に人間が嫌いなのはアンリだよね?北極にいきたい怪物ちゃんの中身相当アンリだよね。誰もいない北極にいきたいアンリと、何もないから対等でいられる怪物。


ミュージカル「フランケンシュタイン」ファン感謝祭イベント

和樹は絶望の中の希望とかどこに希望を見出したの…?孤独の中の神の祝福。希望ってやっぱりアンリのことでしょうか。つうとあきかずは失楽園エンドハピエンでいいのかな?
笑ってよ。って書き初めにした和樹まじお前。。内包しているものが、たとえば初演だったら「ただ君の笑顔が見たかった」みたいなキャッチがつくところだが再演は「僕の考えを肯定してそのほかなにも言わないで」って感じがある。
アンリという人格をどこまで怪物の中に埋め込むか。根底にアンリがある分、ビクターに執着する意志・意味が怪物にはある。
あっきーの感動があるっていうのもまったくなにがなんだか あっきーあなたはどこに感動を見出した
和樹的にあっきーは何しだすかわかんない、かっきーは支えなきゃって感じ?(支えられてえアッキーw)
かっきーは顔にめちゃくちゃ大事なところを当ててくる…?からソロで和樹はほっとかれて捨てられた気持ちになる?からやばかった…??何言ってるんだ??
アンリの二人は歌ってないよね?文句ある?のかきこにテンポ感めちゃめちゃ可愛いな 
かきこにほんとにお兄ちゃんと弟って感じ
あっきーがライブ配信で「孤独」って言葉を発信したのすごい、、やっぱこの物語は孤独な少年たちの物語、、、と思いました。


かーくんのあせるな日本人あたりまだ役がとりきれてない怪物とアンリにみえた ごめん
こういう感じでしょ 怪物ちゃんがこうやってツイートしてあとからアンリが訂正する感じ
和樹の地獄、アンリと怪物ちゃんはなかいいよね