ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

ちゃぴ×まりお×とんちゃんからマタ・ハリDVD見てます

いやまりお気持ち悪いよ!?最初のシーンから完全にオペラ座の怪人みたいな感じで入ってきたのに唐突にめちゃくちゃマタ・ハリをすすってる。びっくりした。
ちゃぴがちえちゃんに比べてすごい悪女なんだよなーー。アンナときゃっきゃしているときと音階が違うんだよねラドゥー大佐に対する時。すごく色仕掛けしてる。
そのちゃぴから反抗されたあとの顔みた???私ジャックザリッパーでモンローに出会ってたしもともとまりおの斜視ぽいところが怖いなって思ってたから別にまあいいけどまりおのファン息できる??「あなたはペテン師だ」の顔とかもう…こええよ!!!!マタ・ハリにマジで惚れてた???ほんと???惚れた女にあの顔できる?たぶん惚れたんじゃなくて狂ったんだろうなって顔でした。
そのまりおとちゃぴのVSのあとのちゃぴソロ‥これは意外とちえさんより強いのはちゃぴマタなんじゃないかって思った。ちゃぴマタの若さと危うさが表れてる。その折れそうな強さ。ちえさんは折れないしなやかな強さで、ちゃぴは硬質で折れそうな強さで、これが若さによるものではないかな。
明らかにちゃぴが細くてちえさんが肉欲的なこともあるだろうけど…
舞踏会でも思うけど、ちえさんはやっぱり女男ともにキャーキャー言われるのわかるんだよね。鍛えられた肉欲的な…あえていうならスター、男役の包容力もあるから、女にキャーって言われるだろうし男にもきゃーっていわれるのわかるんだけど、ちゃぴは細くって明らかに男と女の関係が見えるダンスだからなんか‥‥女にキャーて言われそうにない。笑 明らかに衣装もそんな感じだし。
リヨンでのとんちゃんの首に腕を回すところとかね。あの身長差のとんちゃんに腕まわすのすげえよ。

飲み過ぎよあんた のあたりとか完全に居酒屋のおかみさん…マタハリがどんだけ社交界にいてもしょせんそういう女なんだよなっていう。
ていうかとんちゃんの身長高くてうけるな…確かに「もっとひどく殴られたことあるから><」ってこの上なく笑えるな。りょんならわかるよ。でもとんちゃんはそこまでひよわにみえん。
とんちゃん、たつなりもそうだったけど、その高身長をまだ持て余してるので、こういうDVDだと片足重心目立つな。。そこはなんとかしてほしい。
ていうかりょんだと、つい己のトラウマを触られて説教臭いことを言ってしまった()って感じがあるのだが。とんちゃんなんてこの状態でマタハリの監視のためにハニトラしてるのに、生きるんだ!!!みたいなこと宣言してる場合か????ってなっちゃいますね。笑
リヨンで光の速さでドイツの諜報員を殺すところ、りょんならあ、ギャップ!ってなるけど、とんちゃんはあ、やりそう、てなるよね。とんちゃんは中尉~~って感じよ。

そしてパッシェンデールのときのフランスじゃん。え、すごい状態すぎない?西部戦線異常ありの時代か。あれからフランスのやる気がなくなってくところだ。泥にまみれてる…泥…泥…てやつだ。
まりお、和樹より><ぴえんって感じがすごくて、ああ確かにまりおはいいとこの人っていういいめぐさんのキャラ設定はわかるなーーーって思いました。和樹はたたき上げだから、より身近な俺たちの死がきたぞって感じなんだが、まりおはいろんなストレスでいっちゃったなって感じはありますね。。
ずるくない?「いつか信頼できる人間だと」信じてっていうのを膝ついて言う??まりおが誠実さ出したら無敵なんだよ。でもちゃぴにアンナが「キスでごまかせる相手じゃない」って和樹とまりおではテンションが違うわ。まりおは一時キスでごまかされそうだけどそれ以上を求めてきて逃がさない蛇ぽさがあって、和樹はそもそもキスでごまかされない。
しかもパッシェンデールのときのフランスって思ったらそりゃあリヨンでいちゃこいてたらキレるよね。ごめんね大佐わかるよーーーわかるけど大佐、あなたの部下ではないよマタハリは。何をしてくれるの。。

宮尾さんを北斗の拳やる人って思ってから見るとめちゃくちゃ踊れるんだな…!すっげ
いやだってこのパッシェンデールやってる時にドイツとイギリスとフランスを行き来できるのやばないか?そりゃあわかる殺されるわ
ちゃぴもきゃ!ってやってる場合じゃないよねマタハリちゃんあんたやで殺しにかかったの。

さて和樹×りょんとは違ったまりお×とんちゃん。まりおのキレ方があまりにも距離が近いし匂いを嗅ぎ続けるからやばいやつだしとんちゃん相手に顔があまりにも近いwwwまあとんちゃんもまりお相手にしれっと嘘をつけるからすごいよな。中尉すごい途中まではなんとか話をしようとしているけど大佐が正気じゃなさすぎてもうドン引きですけどみたいな。。
和樹とりょんはなんかこう…りょんかわいそうってなるけど、まりおととんちゃんだとまあ戦時下ではどっちもどっちだなって思うところはある。とんちゃんも戦時中に関わらずリヨンでマタハリと遊んでる場合ではないしまりおも気が狂い過ぎである。
そして航空機で、りょんはまじでピエールと同じようにちびったんだろうなって思ったが、とんちゃんはピエールがなんと言おうとも肯定してあげてよきだなあ。お兄ちゃん。
英雄であれ、は、とびこんでいく♪のところりょんりょん聞こえねえなって思ったけど、これとんちゃんでも聞こえないから音階がいかんな。っていうかやっぱりおかしくね?この時のフランス。インパール作戦かよ。

8000人を失ったしマイクロチップの暗号も信じてもらえないしパーンしてるまりおラドゥーになんで色仕掛けにしいこうとしたんだよマタハリ…。
いやしかし普通にまりおに冷たくない?いいめぐさん。和樹に対してのほうがまだ優しかった。おうちラドゥーは和樹のほうがなんかいろっぽいな。まりおはもう気がくるってるからさあ。

病院でのとんちゃんだと肋骨と腕の骨が折れてるだけ?あー元気ね元気ハイハイってなっちゃうな。りょんだと絶対なんか…結核とか栄養失調とかあるよな???って思ったよな。ここからのとんちゃんの怒涛の言い訳シリーズ、目をつぶって聞いてると燭台切光忠じゃん…審神者に取りすがる燭台切…って面白いな。普通の人生歌ってる燭台切面白くない?この時のとんちゃんなんてぴんぴんしてるもん。普通の幸せ求めてた二人なんだなって痛いほどわかるよね。でも大佐はそうじゃないしおまえは中尉でしかなかったし、今は戦時中です。あなたなしで生きられないっていう3人それぞれの圧が平等なのでこの3名はよいな。

アンナとマタハリ、ちゃぴマタハリだとアンナに甘えてるし甘えてるからこそキレちゃうんだよなあっていうのがわかりやすくていいよね。ちえさんゆうてママだもん。

戦争が終わったらの大佐はもう戦争に飲み込まれてるんだよなー。まりおのほうね。和樹はあんまり飲み込まれてる感じしないし精神的に童貞感ないもの。まりおはなんかそんな感じ…ピュアっこ。。
裁判の時もちゃぴマタはずっと優位に立とうとしているし落ち着いているし、自分の意志で強くあろうとしているし、まりおに負けないんだよなあ。ふんっって感じ。そしてまりおを今までの憎むべき男と同一視したんだから、もうラドゥーを見ることはないよな。
そこからの寺院の踊りはいったい…辛くなったらトランス状態というか、空と地の間に行ったということだろうか…自分が誰であるかを考えてしまったときにはマタはでもなくマルガレータでもないなにものにもなったということだろうか。

そこからのアルマン乱入ってすごない?アルマンのヒーロー感すっご。。りょんだと勝てそうにないんだが和樹に。まりおととんちゃんならなんか勝てそうじゃんとんちゃん。今日は勝てるよーーー。
そしてアルマンにマタは会いに行くんだろうなって思うし、まあマタハリはこれで死んでもどうでもよくなっちゃうんだろうなって思うので、そこはいいんだが、やっぱりまりお大佐もみじめだよなあ。まりおのほうが悲壮感があるし、自分に酔ってる感もあるので、このまりおも戦争終わって第二次世界大戦生きられる?って感じはしますね。胸の中で咎め続けちゃったらもう戦争が終わっても生きられないでしょ。
マタハリはまじでもう空に、アルマンに会いに行くし自由に生きるし全然いいじゃんってなるねお幸せに。ちえさんはアルマンの胸に飛び込んでいきそうだったけどちゃぴはアルマンが寄り添ってくれそうな笑顔でした。

おちゃぴさまコメントするときほんとに…連呼してるしありがとうございますすみませんも多いし慣れてないのかな?って思ってしまったが、みりおとかおるもんな、特に慣れてないトップスター
とんちゃんは逆に2.5慣れしすぎている。このテンション2.5や
まりおのくるっと振り返ったところとか…ヒエエ王道ヒーローって思いますし、いやほんと人生でこんなに気持ち悪いって言われたことないだろうねまりお様は…。なんだろうねこれ持ってきたプロデューサー笑