ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

箱学旧3年目

ところで我ながら読み返すと気持ち悪いくらい東堂と巻島のシーンはテンションあがるわけですが、読んでいたらあれ?と。

「荒北…あいつはちょっと変わったヤツでな」「すぐ疲れたつって休むし、普段のレースじゃオレでも抜けるよくいる口先だけの男だ」
人の三倍努力してドシロートから這い上がったんじゃないの荒北さんてば。
東堂さんがまああああああったく荒北さんに興味がないか、荒北さんがこそ練していたかどっちですか!
そりゃあ弱ペダにおいでのキャラの移り変わりっぷりはテニプリよりはるかにひどい(おい)(代表が初期北さんな)からそのせいかもしれないが、考察においては原作が神という視点は崩せないのでそこはおいておく。
東堂さんは苦労したことは一切ないというキャラだから、荒北さんという人間をそこまで真の意味では理解し得ないのかもしれない。「プロフェッショナルはいいぜ?美しい!」であるからな(ていうか東堂さんはトミーと呼ぶのかフクと呼ぶのかどっちなんだ)。あれいい言葉だけど本当に東堂さんてば光のあたる道を歩んできた人なことがよくわかりますよちくしょう。
あの福ちゃんが総北に頭下げに行った事件のとき、しれっとしていた荒北さんは福ちゃんに対してクールなのかと思ってましたけど、っていうかもしかして、荒北さんってクールキャラだったのかな実は??我々がレースのときしか知らないだけ??
あれは東堂さんが巻島さんに思いのほか大事にされていた(だって巻島さんすぐガチャって切るかと思いきやうしろの熊(田所っち)を放ってまで東堂さんと会話しようとしてるんだもん)ところにびっくりしたけど。同人誌とはキャラ違うというか同人誌よりこの二人認め合っていたわ。
もしかして荒北さんはクールでスカしている人だったのですかね。はー。
いやまて。雪ちゃんクソエリート事件のときの荒北さんは別にクールでもなんでもなかった。
しかし黒田VS真波のときは割と荒北さん黒田をかっていた。熱血キャラだった。(余談だけどこのときユキって呼んでいない泉田さんあとから見ると新鮮)
アシストのアシストしてた時の荒北さんもキレキャラだった。
アシストしていたときの荒北さんもキレキャラだった。「おめーががんばれボケナス」っていい台詞だ。
そして最後はツンデレだった…。
荒北さんの振れ幅大きすぎるだろ。

荒北さん一応箱学の参謀みたいにいたけど、(ていうか最初に福ちゃんとインタビュー受けてたのを見た時はどう考えても荒北さんは副部長だと思ったよね!東堂かよ!!!!!)(気付いたけど2年って新開さんはウサ吉事件あるわ荒北さんは途中入部のまだ勝ち始める前だわと思うと!!ここの人たちしかいないね!当然だね!!!!)巻ちゃん巻ちゃん叫び全然言うこと聞かない東堂さんや、金城金城うっせー福ちゃんやら、負けて帰ってくるダメ四番やら、暑い中うっさい泉田やら、不思議ちゃんやら、まったく荒北さん苦労しているねとしかいいようがない。
キャラクタが独特だから最初福ちゃんが箱学の皆まとめるのに苦労しているのかと思ってたけど、よく考えたら福ちゃんもストレスに負けて金城引き摺り下ろした挙句「ようやっと笑える」とか勝った相手に言う言葉じゃないことを吐くからいかんわ。
全部考えると金城さんが一番のイケメンですね。
でも小野田は「真波くん!」だし巻島は「東堂!」だし金城は「福富!」だし総北から箱学への矢印も結構しっかりあったからよかったよかった。
だって同人とかしぶさんで安定の山神タグが作られるくらいなんだからね山神って。しかし巻島も「ありがとう」と小野田に残して「東堂!東堂!東堂!」とひたすら東堂の名前を連呼しながら走って行くから愛がやばい。
そして巻島が出ないとわかった時に東堂さんの病み方(これ公式だった)も半端無い早くレース終われとか思ってて来たとたんに「絶好調になった!!!!」だからもういいよ結婚しろ。

私のなかの二人を端的にあらわしている写真。

あとどーでもいいけど、なんで新開さんって下の名前で呼ぶんだろうね!
最初新開さんってあんなイケメンキャラじゃなかった気がするんだけど(東堂さんがそうでなかったように)(東堂さんってあくまでイケメン'ぶってる'キャラじゃなかった?箱学的に)、話を経るごとにどんどんイケメンになって行った気がする。
というかイケメンにならなかったのなんて荒北さんくらいな気がする。不細工!だがそれがいい
あのウサ吉事件の時のレースでは新開さんてば「寿一!」って福ちゃんのことばっかり気にしてるし、幼馴染は違うねえ。「練習つきあってやるよ」と言い始めたのは荒北さんだけど、「寿一ありがとよ」って新開さん!!!おまえという人間は!!!
私が新開さんを信用しきれないのはこういうところですよこの男無茶苦茶パーソナルスペース広くないか実は。しかも直線鬼になったときの顔とか気が違ってるレベル怖い。どう考えても二重人格。
「あいつはやるときゃやる」とかフォローしているしまじで荒北さん新開さんの良妻なんだけど、そんな新開さんは寿一祭りだよ。
いやでも荒北さんに新開さんという妻をまかせてドヤ顔で「アシストのアシストを頼んであるからな」と言い切る福富さんも相当王様なのかもしれません。
新開さんへの「オレが引っ張んねーとおまえ引くヤツだれもいねーだろ」とツンデレかまして我々を感動させながら、「オーダーキツすぎだぜ」とあくまで福ちゃんに言われたからだからね!を貫くツンデレ荒北さんも荒北さんである。
この三人もしかして割と依存しあってないか。東堂さんは巻島さんという存在がいてよかったね。

公式アンソロのときの、荒北さんが子供を(後ろで髪の毛くくった)東堂に預けて壁ドンしているときには、あーなるほど荒東?と思ったもんですが、私の中の原作東堂さんはこんなことしない。
ラストに鈴木拡樹の対談あって、本当にこの子自分と真逆のキャラよく出来るなと思いました。
あと福ちゃんが部長でくっそ笑った。滝川部長テニミュ1stから何年たってると思ってるんだ…まだ天然続けてるのかよ…

そしてスペアバイク。
「また変なのつれてきた」っていう新開さんなんなの?寿一はそんなに変なの連れてくる子なの?止めなさい?今井くんだけじゃないでしょ?イグアナとか飼っちゃう子でしょ?
福ちゃんの「あいつの目は輝いていました」ってこれ福ちゃんが真顔で言うから、お、おう、ってなるけど普通後輩にこんなこと言われてビアンキ持ち去られたら 「 は ? 」ってなるからね。ビアンキ高いからね!
東堂さん「美的感覚そのものが欠落」とか言ってるけどあの2時間を見てないのか(最初の台詞が出てくるのは)もしれないなあと。彼外走ってそうだもん。荒北さんとの練習まじで福ちゃんとの蜜月だもんな。←このときはまだ尽八のこと信じてた。
スルースキル高すぎる新開さん。一応東堂さんは「何か部活やっていたのか」とか聞いたんだなと思いつつ、東堂さんはそもそも人とのコミュニケーション能力に少し問題を生じているタイプなので、荒北さんが答えられなかっただけやもしれませんな。だからこその新開さんのフォローかあと思って見ていたらこれである、「うちの東堂」発言である。
なんだようちの東堂って。
このあたりやっぱり!!!私は新開さんを!!!信じられない!!!!!!
うちのってことは東堂さんとか福富さんは「うちの」だけどおまえはそうじゃないって言い方じゃん?
仮にも同じ部活に入った同級生に対する態度とは思えないわ!!!!!!!!
仮にも?同級生に?しかも親友が連れて来た子に対し?「煙たがってる」って発言する????
荒北さんは知ってるだろうし「全員にキラわれてる」とか別に野球時代に比べたらくらいのノリで喋ってるけどそれをつるっと流す普通新開さん????
それで存在証明のために自転車に乗ると言う荒北さんにこれです「変わり者が好きなのさ寿一は」これは認めたということですか。その後確かに新開さんは徐々に荒北さんを認めてますが、いやしかし早くやめろと囃している東堂さんとの関係性は3年間変わらず、っていうか。
この練習見てよくも東堂さん当初の発言言えるよね?????

とにかく箱学旧3年目は関係性が謎すぎるし妙なところで淡泊なので、インハイ2日目で「箱根学園という最強のチームで3年間闘ってきた人の間にはボクにはわからない独特の共有感覚があるのか」「信頼や絆、それ以上の力が2人からあふれ出してきている」みたいな感動していた泉田君に謝ればいいと思う。荒北さんなんて2年目の終わりからしかレースで福ちゃんひいてないよ全部勝ってるけど。

ひとまずスペアバイクの荒北さんにはこの曲を捧げます。