ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

頼朝さんお疲れ様でした(まだ死んでないが)

三谷さんの記事みてるとさすがに鈴の音が義時ちゃんに聞こえなかったのは、のちに天に逆らう男になるという暗喩でいいんじゃないかなと思います。天命は彼にうつった。圧倒的リアリスト。彼は神や仏に守られてると言い聞かせなくても生きていける。
義時暗殺説もTLにあって、まあもちろんいいとは思うんだけど(そういう説もあるよね)、今回はやはりそれではなく、素直に頼朝についてきた義時であったのではないかなと思いました。
というかそうでないとキャラ崩壊しとる。(曽我兄弟のことや八重ちゃんのことがあるにせよ、そこを飲み込んで、何でもかんでも話して来て巻き込んでくる義兄から、大事な同士になったんだろうなと感じたので)
最後に佐殿と言われるのが印象的で。前にも思いましたが彼はあくまで佐殿だった時間がすっごく重かったんだろうし、そこからの政子という運命が、政子と義時という、いうなれば北条という運命と最後までともにしたという印象を受けました。そりゃああなるよ。
間違いなく坂東をおかしくしたのは頼朝ちゃんなんだけど、頼朝という貴種が垂らされたことよりも(そこから数十年だよ?)もともとの土着の民が夢を見れてしまったその人々の心に問題はあっただろうし、引き金をひいたのは政子ちゃんかもしれないけど、その前に伊東の話はあったので、象徴としての頼朝以外の理由としてはそこまで頼朝と責任ではないのでは…と思いましたが…。
ラスト九郎っていったのかな…わかんないけど。まああの九郎ならお兄ちゃんの手をひいてくれる気がするね。楽しく。(藤九郎か!そりゃあそうだ)
それより蒲殿は???あんなに一緒だったのに!!試されることに疲れてしまって農業はじめるの、源氏がもとは土着の民だったことがあるのを端的に示してますね。頼朝までが貴種だった。そりゃあ丹後局もボロクソ言うわ。(あれほんと丹後にしてはやさしいけど。敵対はしたくないんだろうな源氏のこと)
大姫も頑張ったねえお互い、この地獄の中で私は大丈夫、幸せは見えているって母親に言えるの、わたしはホッとしてしまったけどな。(穏やかに滅びにむかう一族が好き)
全成殿が殺されるフラグがたってるのがつらいな。無駄にあのミュージカル夫婦うまいからどんどん引き込まれてくじゃん…

おれたちの泰時ー!まだ頼時ですが、いいですね坂口健太郎顔がいい!あと狩りのときの義時に裏手ツッコミ受けるとことか勝手にランキングするとことか、完全にEXILE 大樹ちゅんクラスの図太さを感じる。
窪田正孝重盛と同じくらいヒットしてる。
そして金剛を察することができる万寿…えっそっち
13人の合議がそもそもタイトルなので万寿がただやばいイキリにいちゃんではないことはわかって書いてやがる…!
楽しみですね!!!

前々から思ってたけどほんとNHK、推しに対する力が強すぎる。畠山重忠様イケメンすぎんか?