ここまでされたんだぞ!?

強めの幻覚を見ている

比企~修善寺そして畠山からのオンベレブンビンバ

正しく満足して選んだ死に到れるには強くあり選び続ける側であらねばならない…
治安の悪いイケパラ呼ばわりされてる 人殺ししまくるイケパラとは
ほまきちゃんはいないがその夫は生き残るよ山本耕史
毎週毎週誰かが死んでいく大河ドラマである昨今いかがお過ごしですか

絶対三谷幸喜もこの畠山重忠の乱がやりたかっただけだろうというぐらいの熱が入ってたので…いや唐突にハイアンドローになったので何事かと思いましたね(クローズの方が入ってたので間違いないじゃん)
畠山重忠はとりあえず頭がいいし見栄えもいいし自分の標的になることも分かってるけど、それでも断固として自分の領土を譲らねえ坂東武者の誇りを前面に出してきた脳筋というラストで良かったです!!力尽くで馬と崖から降りたり床がへこむような怪力男がばんばんに北条義時を殴って義時君があれぐらいの顔ですんでるの絶対おかしいよ??絶対畠山重忠手加減してあげてるよ???
ラストのあなたは分かっているの呪いのかけ方すごくないですか??呪術と言っても問題ないレベルでした。
だからこそ山南さんのシーンと重なったわけですけれどもね。
あなたは分かっているしあなたが大事なものを失わないためには、あなたは全部捨てなければならないっていう…これから私はそのために命を失うのだから。でも誇りだけは絶対に守るっていう…どんなどんな攻めだよ??畠山重忠やべーやつだよマジで狂人だよ。
その狂人の畠山重忠に一瞬ロックオンされた北条泰時ちゃんと、泰時が出るぐらいだったら私が出ると義時さんを引きずり出して最後にハイアンドロー行ったわけですからね。
あの時義時は覚悟を決めたわけです。
完全に残された受けのムーブですね。

一方そのころ刎頸の交わり
なんだろう、この私は今まで三浦と北条の次男坊頭の愛情に心打たれてたんですけど(一番面白かったのが三浦と北条 TS ものの初夜のタイムラインですね)(みんな気が狂っていたとしか思えない)
三浦は三浦で思ってもいないような、あいつにそんなもん見せたくないみたいなことを言い出すし、北条は北条でわかっていて俺に黙って何してんだお仕置きするぞみたいなことを言い出したので、、、この幼なじみマジで気が狂ったのかと思いました。
最初から三浦はいつ裏切るかわからんぞムーヴ出し続けても紀行で「義時が生きてる間は味方でした」って言いきられてるわけですからな。実際友人としての気安さはここ一番だよな。畠山は身内だったもん。
もうわたしのために裏切ること前提としてるお前ら一体なんなんですか?

比企一族の滅亡の時の泰時ちゃんや善児の流れ、そして希望に満ちた幼馴染が絶望に変わる修善寺
修善寺まじかって思いませんでした?泰時ちゃんどうなったんだろう、もう彼は頼家ちゃんに興味ないのかな?って思っていたのに、修善寺までにまで会いに来て逃げようよって言ってくれて、それでももう頼家ちゃんは絶対に言えないんだよ、彼には鎌倉殿の誇りがある。こっちも誇り。
彼は逃げないし逃げることがもうできないことを分かってしまったからね。泣いちゃった。

最初に頼朝と八重さんの子供が殺されたとこからこの話はじまって、頼家と比企の子供を小栗旬がさらりと殺して、でも比企おばあちゃんで頼朝の乳母が頼家の息子の公暁に北条許すなって呪いを最後かけてたんだけど、公暁が殺すのは実衣ちゃんの育てた頼朝の息子の三代将軍実朝だし、その時しれっと小栗旬とかはお腹痛いって言ってお家にいて関係ない顔してんだよね…???こわっ
なんなんだ一体 政子お姉ちゃんと頼朝義兄ちゃんの理想を保つためにガンガン手を血で染めてく小栗旬、正直芥見下々の理想の弟では?
あんなにかわいくて頼朝政子に振り回されてた小栗旬が…ガッキーに振られてからが勝負だってストーカーしてたのに…気づいたら頼朝様が残したこの鎌倉という仕組みを守るというガンギマリに

愛する夫と息子を殺されたみいちゃんが、殺した相手を滅ぼしたにも関わらず「まだ姪がいる(兄の妻でスパイしてたのに!)」って言い出して、禪院真衣かとおもった
全部壊して理論すぎる

りくさんの息子が生まれたときの大姫ちゃん「爺様の元気が吸い取られてるから元気がでるおまじない言うね!おんたらくそわか!」ていうのを今出してきて、はい・・・りくさんの息子が死んだことでりくさんが暴走して爺様が元気吸い取られてますね・・・ってなった。大姫ちゃんといい全成様といいなんだよ預言あててくるな
そして大姫ちゃんのを覚えてますよって全然違うこと言う尼御台も、あの時さんざん泣いたお母さんもいつかは思い出にできるよって言うことだし、全成様がいてくれたらってあれだけ気が狂ってたみいちゃんもまた思い出にできているし、死を乗り越えてるのが伝わるし、
一方りくさんはまだ乗り越えれてなくて、それは時期の問題だけでしかなかったけど、ここは鎌倉―っていうのもその通りで、
かつりくさんの夢や野望がついに砕けた瞬間だったから未来への希望なんてもうないもんな…
りくさんの闇落ちがわかっていて、自分の限界がわかった時政が、自分の息子たちと最後の団らんをすることを決めてるのほんとうわあだし
そこでキリッと「ピンタラポンチンガー」じゃねえんだわ小栗www